ご予約・ご相談

022-212-8461

ブログ

前歯のインプラント(仮歯で歯肉を整えてゆく)

2020年11月15日

仮歯は文字通りに「かりの歯」です。仮の歯だからと言って大体で良くはありません。むしろ、仮歯のほうがより大切だと考えています。

とくに前歯のインプラントは仮歯の調整できれいな歯になるかどうか決まります。(インプラントの埋入された位置がダメなら論外ですが)

この仮の歯が歯肉の形を整える重要な役割をしています。

仮歯の材料となるレジンというプラスチックをつけ加えたり、削ったりすることで、歯肉を仮歯でおしたり、ひいたりして理想的な歯肉を作ってゆくのです。(地味な作業ですが大切!)

だから、歯肉の形が変わり、安定するまでそれなりの時間がかかります。

歯科技工士さんは、かぶせものを作るプロですが、歯肉を作るのは歯科医師なのです。

この過程を省略し、技工士さんに丸投げしてはいけないのです。

コメントは受け付けていません。